働いている方が多いのにびっくり。

私の住むご近所ママ達やママ友は専業主婦の方が多いです。
下の子がまだ小さいと言うのもあるのでしょうが、パートで働いているって言う方ってほとんどいないんです。
私も小学1年生と幼稚園の年中の二人の子供がいますが、専業主婦です。
でも、パートをしようと昨年末面接を受けましたが、不採用で終わりました。
できれば子供の学校、幼稚園行事には参加したいから休みたいし、子供が病気になった時も休みたい。
主人が土・日・祝日休みだから、平日の日中のみ働きたい。
そして、GW・お盆・年末年始も休みたい・・・などこれってかなりの我がまま条件です。
求人募集を見ていても、なかなかそんな高条件のお仕事なんかありません。
既にそういう高条件で働いている方は、辞めるわけないですから、求人募集もありません。
一度不採用になると「働こう」と思っていた自分の中の気持ちが冷めてしまって、それ以来何も動いていませんでした。
下の子も小学校に入ってからにしようかななど、思い始めちゃいました。
でも、先日上の子が通うサッカースクールに来てるママさん達ほとんどの方が働いていることにびっくりしました。
夏休み中、サッカースクールも特別日程で行われることになっていてそれに参加するかみなさんに聞いて回ったのですが「働いてるから、昼間は無理。」とみなさん声を合わせて言いました。
それを聞いて、また私の中の「働こう」の気持ちが燃えてきて、今度パートの面接に行きます。
また、不採用になっちゃうかもしれないけど、とりあえず動かなきゃ何も始まらないから。

住宅ローンも税金も払えない

たい焼きが好きです

いつも利用している地下街の中にクロワッサンたい焼きのお店が出来ました。
遅い時間帯だとすでに完売している人気ぶり。

たまたま早く帰宅出来た時に通りかかったところ、まだあったので試しに買ってみることにしました。
お、美味しい~
外側はさくさくのクロワッサン。
たい焼き器でプレスしてあり、平たくなっています。
生地の外側にはザラメがかけられていてそれがまた美味しいです。
中のあんこは甘さ控えめ。
外側が甘いので丁度良いです。

あんこしかないので、他の味も出たらいいのになあ。
他店舗ではあるみたいですが、最寄のお店ではあんこのみです。
ただクリームとか洋風なものを入れて外側がクロワッサン生地ではもうたい焼き要素はなくなっちゃいますね。


最近のたい焼きって薄皮で中身がぎっしりのパターンが多い気がします。
でも私は結構皮の部分が好きなんですよ。
ぱりっとした薄皮より、ふんわりした質感のある皮のたい焼きが好きです。

最寄駅にあるたい焼き屋さんはまさに理想。
ワッフルみたいにしっかりした生地の中に中身が入っています。

特にお気に入りはレギュラーメニューのカスタードクリーム。
バニラビーンズも入っており、リッチな気分になります。

期間限定や週替わりでメニューが変わるので、定期的に行っても飽きません。
週替わりメニューでは豆乳クリームが好きです。
カスタードより甘さ控えめでさっぱりです。

期間限定では春先に出る桜あんが好きです。
中に求肥も入っていて食感も面白い。
食感と言えばクランチが入ったチョコレートクリームも美味しかったです。
バレンタインの時期に出たっけな。

今の時期はりんごクリームがありました。
刻まれたりんごとカスタードクリームが入っています。
アップルパイのイメージですね。
りんごが入ることによってほのかな酸味があり、甘さ控えめで美味しかったです

新宿交通事故むちうち治療

出産後の出来事

子供を産んでもうすぐ2ヶ月半、日々少しずつ成長している我が子を本当に愛しいと思う。
我が子を産んだ時は、喜びよりも本当に不安だらけだった。
それというのも、子供のお尻の穴から少し上に毛が生え、少し凹みがあったからだ。素人から見たらまったく気にしないだろうその異常は、専門の医師からみると一つの病気にあてはまる症状だったらしい。
初産のため、総合病院で我が子を生み落とした翌日、主治医の産科の先生に、「上記の異常があるのが少し気になります。念の為に、小児科の先生に診てもらいましょう。」と言われ、少しだけ不安になった。でも。まだ入院中だったし、詳細は語られなかったので、それほどの事じゃないんだ。と呑気に自分に言い聞かせた。子供と一緒に退院できるようになった5日後に疑われてる病気の名前を初めて聞かされた。
「潜在性二分脊椎」その聞いたことのない、難しい名前。そして脊椎という体の重要な部分が入ったその病気の名前に、いきなり怖くなった。
どういう病気なのか、と先生に聞いたところ、神経と皮膚を作る途中でなんらかの原因によりうまく皮膚と神経が作られずに、脊椎の一部が閉じない状態の先天性の異常で、嚢胞性と潜在性に分けられる病気、下肢のマヒや、排泄障害が起こる病気と言われ、血の気が引いた。
ただ、潜在性と言うのは症状が比較的軽い子も多く。でるかどうかもわからず、一生でない子もいる。という病気との事だった。 先生曰く、この程度の皮膚異常ならたぶん脊椎は閉じていると思うが、念の為一ヶ月後にMRIをしましょうと言われた。
私の頭はすでに真っ白で、はい。お願いします。と言うのが精一杯だった。
帰って旦那に話し、旦那も大丈夫だ。といいながらショックは隠せない感じだった。私はすでに涙を流して旦那の胸で泣いていた。
それから一ヶ月後までは、悩みながら、自分を責めたりもした。でも、信じて我が子と向き合い、子育てを楽しむことにした。日々成長する我が子を悲しい目で見まいと頑張った。なにがあってもこれから絶対大丈夫と信じて覚悟を決めた。
そしてMRI当日、我が子は、睡眠薬でスヤスヤ眠り、無事MRIを終えた。

結果は脊椎は閉じていて、大丈夫だと言われた。あと、毛が生えて凹んでる部分も気にならなくなると言ってくれた。 子供を産んでから不安だった日々が終わり、喜びで涙が溢れでてきた。
本当によかった。
今、我が子の笑顔で毎日幸せです。

君も小柳ゆきを見たか!